2011年05月08日

ドメーヌ・パヴロ

パヴロ4.bmp

所有者

リュック・パヴロ

リズ・パヴロ

パヴロ3.bmp


総畑面積 8.6ha


歴史

登記帳によれば17世紀ごろすでにペルナン・ヴェルジュレス村のぶどう栽培者と記されている。

その後、先祖代々引き継がれてきた家族経営のドメーヌ。

現在は、リュック&リズ、兄妹が行う。


地理

世界に冠たるワインを生む「グラン・クリュ・コルトンの丘」のすぐ奥、

小渓谷の斜面に、ブルゴーニュの中でも特に美しい村のひとつペルナン・ヴェルジュレス村。


栽培

1993年から「ビオロジック」農業を導入。

畑を馬で耕し、丹念な土作りを極める。

パヴロ.bmp

2006年には、フランス農務省の認定機関「エコセール」に申請、

2009年、正式に認証。

収穫は全て手摘みで行い、運搬には昔ながらの編かごを使う。

パヴロ2.bmp



醸造

果実味を最大限発揮させるためにピノ・ノワールは100%除梗。

野生酵母で発酵させ、亜硫酸の使用量を控えて、ぶどうと土壌本来の風味を生かす醸造。

味わいのバランスを考えて、エキス分を優しく引き出そうと

「足」でピジャージュする丁寧なマセラシオン。



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/


ドメーヌ・パヴロさんのワインはこちら


ペルナン・ヴェルジュレス ブラン http://takeya.ocnk.net/product/251

ペルナン・ヴェルジュレス ルージュ http://takeya.ocnk.net/product/166

ペルナン・ヴェルジュレス アン・カラドゥー http://takeya.ocnk.net/product/298

コルトン ルージュ http://takeya.ocnk.net/product/253

posted by まゆみ at 18:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

ドメーヌ・パトリック・ギュイヨ

パトリツク.bmp

所有者

パトリック・ギュイヨ

奥様 マリ=ジョ


総畑面積 7.3ha


歴史

1941年、現オーナーの祖父が3haの畑を借りて創立。

1957年、父親が引き継ぐ。

1987年、ボーヌの農業学校で学んだ現オーナーが引き継ぐ。

1988年が初ヴィンテージ。

パトリック2.bmp


地理

シャサーニュ・モンラッシェの南方、コートシャロネーズにあるメルキュレ地区に位置。

コート・ド・ボーヌより若干山あいに入った地形。

パトリック3.bmp


栽培

「いいワインを造るにはまずいいぶどう作り」をと

7年前から「リュット・レゾネ」減農薬農法


醸造

果実味を最大限発揮させるためにピノ・ノワールは100%除梗。

野生酵母で発酵させ、亜硫酸の使用量を控えて、ぶどうと土壌本来の風味を生かす醸造。

味わいのバランスを考えて、エキス分を優しく引き出そうと

「足」でピジャージュする丁寧なマセラシオン。

収穫は、手摘み。



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/


ドメーヌ・パトリック・ギュイヨさんのワインはこちら


ブーズロン http://takeya.ocnk.net/product/249

メルキュレ・ブラン http://takeya.ocnk.net/product/250

ブルゴーニュ・ルージュ http://takeya.ocnk.net/product/301

メルキュレ・ルージュ アン・ブソワ http://takeya.ocnk.net/product/154

posted by まゆみ at 11:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

パスカル・シモニュッティ

画像 002.jpg

所有者

パスカル・シモニュッティ

R01_0169.JPG


総畑面積 5.8ha

     (1.2haは自社畑 4.6ha賃貸)


歴史

2002年が初ヴィンテージ

料理人を経て、ワインの道へ。

自由なワインを造りたいとすべて「ヴァン・ド・フランス」でリリース。


栽培

ビオロジック=有機農法に一部ビオディナミ農法を取り入れている。

完熟を待ってすべて手摘み。

R01_0176.JPG



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/


パスカル・シモニュッティさんのワインはこちら


ル・プレ・ノワール http://takeya.ocnk.net/product/278


ワイナリー訪問の様子はこちら

http://takeya1225.seesaa.net/archives/20110209-1.html
posted by まゆみ at 14:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

ジャン=マルク・ラフォレ

R01_0597.JPG

所有者

ジャン=マルク・ラフォレ

奥様 マルティーヌ

息子 トーマ


総畑面積 18ha

(レニエ7ha、ブルイィ7ha、ボージョレー・ヴィラージュ4ha)


歴史

4代続くワイナリーで、現オーナーは16歳の時からワイン造りを始めた。


地理

ブルゴーニュの南部のボージョレー地区

レニエ・デュレット村のシェ・ル・ボワという集落にある。

R01_0614.JPG


栽培

リュット・レゾネと呼ばれる減農薬農法。

収穫はすべて手摘み。

R01_0656.JPG 



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/


ジャン=マルク・ラフォレさんのワインはこちら


ブルイィ http://takeya.ocnk.net/product/296

コート・ド・ブルイィ http://takeya.ocnk.net/product/297

ブルイィ・キュヴェ・プレステージ http://takeya.ocnk.net/product/306



ワイナリー訪問の様子はこちら

http://takeya1225.seesaa.net/archives/20110220-1.html
posted by まゆみ at 12:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

ジェラール・シュラー・エ・フィス

所有者

ブルーノ・シュラー


総畑面積 7ha


歴史

フランス革命の頃から200年以上もの長い歴史がある。

父ジェラール氏の代、1958年より自社で醸造するようになる。

1982年、息子のブルーノ氏が加わる。

シュラー.bmp


地理

アルザス地方、ヴォージュ山脈の東斜面の丘陵地。

シュラー3.bmp

コルマールから少し南に位置するユスラン・レ・シャトー村にある。

シュラー2.bmp


栽培

ビオディナミ農法をおこなっているが、申請はしていない。



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/
posted by まゆみ at 15:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

ドメーヌ・リショーム

リショーム2.bmp

所有者

オエッシュ家


総畑面積 25ha


歴史

1972年、父のヘニンド・オエッシェ氏が創立。

現在は息子のシルヴァン氏が父を手伝う。


地理

エクス・アン・プロヴァンスのサント・ヴィクトワール山の支流の穏やかな丘陵地にある。

リショーム.bmp


栽培

ビオロジック農業、30年以上に渡って昔のままの有機農業。

ビオロジックの認証団体「エコセール」が出来た1991年に申請して認証。

ラベルの穴は、ワイナリーの敷地内にある「洞窟」と、ビオロジック農業と地球環境を象徴。



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/


ドメーヌ・リショームさんのワインはこちら http://takeya.ocnk.net/product/289

posted by まゆみ at 14:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

ドメーヌ・ジャン・ダヴィット

P1010080.JPG

所有者

ジャン・ダヴィット

奥様 マルティーヌ

R01_0529.JPG


総畑面積 17ha


歴史

ダヴィット家の歴史は古く1560年頃からこの土地で農業を営む。

1900年代より、ぶどう栽培、ワイン造りを拡大。

1976年から、現オーナーが後を継ぐ。

1987年に初めて自らのラベルでワインを世に送り出す。


地理

コート・デュ・ローヌ地方の南部の街オランジュから北東へ約20kmの

周囲を小高い山に囲まれたセギュレ村

R01_0503.JPG


栽培

除草剤、化学肥料、防虫剤といった化学物質は一切使用しない昔ながらの有機農法。

1987年、有機栽培農業推進団体「ナチュール・エ・プログレ」

      フランス農務省の認定機関「エコセール」に認定

R01_0527.JPG



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/


ドメーヌ・ジャン・ダヴィットさんのワインはこちら http://takeya.ocnk.net/product/109


ワイナリー訪問の様子はこちら

http://takeya1225.seesaa.net/archives/20110217-1.html
posted by まゆみ at 19:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

ドメーヌ・ショーム=アルノー

R01_0584.JPG

所有者

ヴァレリー・ショーム=アルノー

夫 フィリップ


総畑面積 38ha


歴史

19世紀からアルノー家が所有。

1987年、ヴァレリーさんが23歳の時、引き継ぎ瓶詰めも行うようになる。

1989年、フィリップさんと結婚。二人三脚でワイン造りに励む。

R01_0569.JPG


地理

コート・デュ・ローヌ地方、アヴィニョンの街から北へ約40kmのヴァンソーブル村にある。


栽培

畑を取り巻く自然の生態系が最も重要だと考え

「ビオ・ディヴェルシテ」=生物多様性を重んじた栽培を実践している。

90年代後半からは有機農法に切り替え、2003年からビオディナミ農法を実践。

2009年、公的認証機関「デメテール」に認定された。

R01_0578.JPG



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/


ワイナリー訪問の様子はこちら

http://takeya1225.seesaa.net/archives/20110219-1.html
posted by まゆみ at 18:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

ドメーヌ・ガショ・モノ

ガショ.bmp

所有者

ダミアン・ガショ

奥様 リズ


総畑面積 12ha


歴史

現オーナーで6代目になるワイナリー

ガショ3.bmp

かつては桶売りしていたが、1993年から自家ラベルでワイン販売を始めた。


地理

ブルゴーニュ地方のコート・ドールの真ん中のニュイ・サン・ジョルジュ村から6km南方の

コルゴロワン村にある。


栽培

1992年から、農薬を極力使わないリュット・レゾネ

ガショ2.bmp



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/


ドメーヌ・ガショ・モノさんのワインはこちら


コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ http://takeya.ocnk.net/product/156
posted by まゆみ at 18:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

クロ・ラ・クータル

R01_0248.JPG

所有者

フィリップ・ベルネド


総畑面積 55ha


歴史

現オーナーの6代前にこのドメーヌが造られた。

R01_0240.JPG


地理

ボルドーから東に180km、トゥールーズから北に90km

ロット川沿いにあるヴィール村に畑を持つ

R01_0231.JPG


栽培

土壌を深く耕すことに重点を置いている。それはぶどう樹の根を最大限に深く発達させるため。

また、土の中に空気を送り込み活性化した土壌にするため。

化学除草剤を使用せず、手作業で除草。

肥料も堆肥、有機肥料のみの使用。

剪定時一株当たり7芽のみにし、収穫量を抑える。

R01_0246.JPG



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/


クロ・ラ・クータルさんのワインはこちら http://takeya.ocnk.net/product/294


ワイナリー訪問の様子はこちら

http://takeya1225.seesaa.net/archives/20110210-1.html
posted by まゆみ at 18:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。