2011年04月09日

ドマ・ガサック

画像 072.jpg

所有者

エメ・ギベール

サミュエル


総畑面積 150ha


歴史

1970年代にボルドーの地質学者アンリ・アンジャルベール氏が、

ラングドック地方でぶどうの栽培に最適な土壌と気候風土の土地を発見した。

それを知ったオーナーのギベール氏は、経営していた皮関係の会社を投げ売って、

ぶどうの栽培を始めた。

この勇気と決断力が「ラングドックNo.1」と言われる「ドマ・ガサック」を生んだ。


地理

モンペリエから西方にある山の中腹に位置。

夜になるとラルザック山から冷涼な風が吹いて、上質の酸味を生み出す。

南仏の灼熱の太陽をやわらげてくれる北向きの斜面をあえて選び、

繊細さのある風味を求めている。


栽培

化学物質を一切使わず、手間暇かけて造ったぶどうを手摘みで大切に収穫。


醸造

ボルドー大学醸造学部の第一人者であったエミール・ペイノー氏に教えを請い、

しっかりとしたボディとともに、繊細で気品のあるワインを造ることに成功した。



現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/


ドマ・ガサックさんのワインはこちら


ル・マズリエ グルナッシュ http://takeya.ocnk.net/product/11

ル・マズリエ シラー http://takeya.ocnk.net/product/53

ル・マズリエ ブレンド・レッド http://takeya.ocnk.net/product/282

ル・マズリエ シャルドネ http://takeya.ocnk.net/product/54

マス・ド・ドマ・ガサック ルージュ http://takeya.ocnk.net/product/107

エミール・ペイノー http://takeya.ocnk.net/product/305

エリーズ http://takeya.ocnk.net/product/302

posted by まゆみ at 14:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。